Category Archives: 大処分

引越し時の処分手段である不用品回収とリサイクルショップ

引越し時には、様々な整理も行われる傾向があります。時には片付けを行い、クリーニングをするケースも珍しくありません。また新居に引っ越しをした段階では、スペース確保も考える必要があります。居住スペースがなければ、生活自体が困難になるからです。

転居前には、不要物品の処分を行う事も多いです。ある程度荷物を減らさない事には、引っ越しの労力も大きくなってしまうからです。

このため何らかの手段で処分する必要がありますが、大きく分ければ2つあります。まずリサイクルショップなどで、不要な物品を処分する選択肢です。もしくは、不用品回収のサービスで処分をしてもらうやり方もあります。

ちなみに過去に実施されたアンケートなどを見る限り、どちらかといえば横浜の不用品回収が利用される事例が多いです。リサイクルショップと違って、大量の物品でもまとめて処分できる事が多いからです。

またスピーディーに手続きを行ってくれるので、回収サービスは高く評価されています。

 

不要になった物品を商業サービスで断捨離

何らかの書籍の読者になった後には、物を保管する習慣が付いてしまう場合があります。一旦は書籍を購入するものの、廃棄するのも勿体ないと感じられるので、とりあえず保管する事が習慣化している事例も多いです。

しかしそれよりは、商業サービスなどで断捨離をする方が望ましい場合があります。そもそも一旦読了した書籍は、今後は読まなくなる事も多いです。それを保管しておいても、生活空間が狭くなってしまう傾向があります。

ところが商業サービスなどで処分をした時には、その生活空間は広くなる訳です。それで生活スペースが広々するので、処分が行われる事も珍しくありません。

ちなみに断捨離をする際に、ヤフオクが活用される事もあります。そこで出品をすれば、いずれ誰かが落札してくれる可能性もあります。

それで売却をした瞬間に、自分が今まで保有していた不要な書籍なども、処分できます。ですから身の回りの物品を処分したい時には、ヤフオクを活用してみる手段もあります。

 

気持ちを大切に処分をしてもらえる遺品整理

親が遠くで賃貸物件に住んでいる場合に、亡くなった場合でも葬儀などは行えても部屋の処分などが出来ないことが多々あります。

忌引きなどが認められても葬儀などをやる時間はあるものの、それ以外に充てることが難しいことも多いのです。その時に遺品整理であれば、上手く行ってくれます。

直前まで住んでいたこともあって貴金属があったり、使えるものが多数あることも多いのです。そういったものも遺品整理では買取などをおこなってくれることも多く、費用を上手く捻出することも出来るようになります。

また、全てを処分するにしても適当に扱われては困るものもありますが、遺品整理では気持ちを重視した取り扱いをしてくれることも多くあります。

合同供養なども行ってくれることもあるので、丁寧に処分をしてくれる所もあるのです。そういった所を利用すれば、悲しい気持ちも少しは和らげることも出来ます。

親が亡くなって部屋の片づけが出来ない場合でも、遺品整理で行えば貴金属の処分や気持ちの部分でも良い気持ちで処分が出来るようになります。